歯科医とホワイトニングについて

歯科医とホワイトニングについて

審美歯科の基礎知識:クリーニングとホワイトニングの違いについて

審美歯科では、黄ばんでしまった歯を白くすることができます。その主な方法としてホワイトニングとクリーニングがあります。

ホワイトニングは、簡単に言うと薬剤を使って歯を漂白することです。歯の表面は無色半透明のエナメル質で覆われ、その内側に象牙質があります。この象牙質はもともと少し黄味がかっています。
エナメル質は飲食物の成分の付着などにより、しだいに黄ばんでくるようになります。そこで過酸化水素や過酸尿素を用いて歯の表面の汚れを分解し、漂白することで元の無色半透明の状態に戻します。さらに薬剤によって歯の表面をすりガラスのような状態に変えることで、光が乱反射して中の象牙質の黄味がかった色が透けて見えないようにします。この仕組みによってホワイトニングは歯を白く見せることができるのです。
歯科院で歯科衛生士などによって処置を受ける方法と、薬剤とマウスピースを処方してもらい自宅で自分で行う方法、このふたつを並行して行う方法の3種類のやりかたがあります。

クリーニングは歯の表面についている歯石や歯垢、汚れをとりのぞくことです。表面の歯の汚れをとる処置なので、本来の歯の白さにはなりますが、もとから歯が変色している場合は真っ白になることは期待できません。審美歯科では、黄ばんでしまった歯を白くすることができます。その主な方法としてホワイトニングとクリーニングがあります。

ホワイトニングは、簡単に言うと薬剤を使って歯を漂白することです。歯の表面は無色半透明のエナメル質で覆われ、その内側に象牙質があります。この象牙質はもともと少し黄味がかっています。
エナメル質は飲食物の成分の付着などにより、しだいに黄ばんでくるようになります。そこで過酸化水素や過酸尿素を用いて歯の表面の汚れを分解し、漂白することで元の無色半透明の状態に戻します。さらに薬剤によって歯の表面をすりガラスのような状態に変えることで、光が乱反射して中の象牙質の黄味がかった色が透けて見えないようにします。この仕組みによってホワイトニングは歯を白く見せることができるのです。
歯科院で歯科衛生士などによって処置を受ける方法と、薬剤とマウスピースを処方してもらい自宅で自分で行う方法、このふたつを並行して行う方法の3種類のやりかたがあります。

クリーニングは歯の表面についている歯石や歯垢、汚れをとりのぞくことです。表面の歯の汚れをとる処置なので、本来の歯の白さにはなりますが、もとから歯が変色している場合は真っ白になることは期待できません。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 歯科医とホワイトニングについて

テーマの著者 Anders Norén