歯科医とホワイトニングについて

歯科医とホワイトニングについて

ホワイトニング中の歯磨きのコツ

ホワイトニングをしているときには、歯磨きの仕方にも気をつける必要があります。口にマウスピースをつけて行うホームホワイトニングの場合、マウスピースをはめる前には歯磨きをしてしっかりと汚れを落とします。また、マウスピースを外した後も口をすすぐことは大切です。歯に薬剤が残っている感覚がある場合には、軽く歯磨きして薬剤を落とします。薬剤が残ったままの歯は汚れた付きやすく、そのままご飯を食べると逆効果なので、食事の前には薬剤がしっかり落ちている状態にしておくことが大切です。
ただし、薬剤が残っている状態だったり、薬剤の効果が残っている状態の歯は、表面がダメージを受けやすくなっています。薬剤を落とすために磨く場合でも、ごしごしと強くは磨かず、薬を落とすことだけを目的に軽く磨くようにします。
また、普段の歯磨きに使う歯磨き粉選びも大切です。着色を防ぐ成分の入った歯磨き粉を使えば、よりホワイトニングには効果的です。
フッ素入りの歯磨き粉は虫歯予防には効果的ですが、同時にホワイトニング用薬剤の効果を低減させます。ホワイトニングのマウスピースをはめる直前には使わない方がよいでしょう。その日のホワイトニングが終わった後に使うと、ホワイトニングを邪魔せずに虫歯予防ができます。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 歯科医とホワイトニングについて

テーマの著者 Anders Norén