歯科医とホワイトニングについて

歯科医とホワイトニングについて

自分で歯を白くする治療法

歯垢などにより変色した歯の色を白くする方法はホワイトニングと呼ばれていますが、歯医者などで行うオフィスホワイトニングに対して、自分で行うホームホワイトニングがあります。

歯医者に行ってとってもらった、自分の歯型と同じ形のマウスピースを使い、専用の薬剤を塗った上で毎日2時間装着する、簡易的な治療法です。

平日に歯医者に通えない社会人が、自分の歯を手軽に白くしたい時に用いられますが、保険が効かない実費治療となります。

メリットとしては、オフィスホワイトニングを行った時と比較して、定期的に通うなどのメンテナンス及び、コストを抑えることができる特徴があります。歯の内部から漂白していくため、カレーなどの表面的な汚れや黄ばみにも効果があり、自然な白さに仕上がることが最大の利点と言えます。

オフィスホワイトニングと違い使用する薬剤は刺激が少ないことから、知覚過敏になりにくい点も挙げられます。デメリットとしては、マウスピースに抵抗がある人に向いていないこと、薬液の濃度の関係で効果が出るのに数週間かかります。治療時は着色しやすくなっているために、12時間から24時間程度は色の濃い食べ物を控える、食事制限を設ける必要があります。

さらに被せものや詰物の歯、神経のない歯はホワイトニングに適さないため注意を要します。

プレミアムブラントゥースの最安値はこちら!

前へ 投稿

返信する

© 2017 歯科医とホワイトニングについて

テーマの著者 Anders Norén